Welcome to my blog

ロードバイクをこよなく愛するみなさん!いらっしゃいませ。

晴れるといいな~ ロードバイクFrom相模原

24
2015  06:42:15

105病から回復しました。

最近フロントディレーラーが調子悪いんですよね・・・・。。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・
DSC_3791.jpg


ギヤチェンがどんどん切り替わらなくなってきて、その都度調整を繰り返して、何とかしのいできたのですが、
それも限界?のようで、最近は指でチェーンをつまんでギヤチェンしたり、かなりストレスを抱えて走っていました。

以前、リヤディレーラーがHI側に切り替わらなくなった時は、ワイヤーがハンドル(ブラケットの内側でほつれていたのが原因でした。

リヤのトップギヤに入らなくなった時は・・・・これ~!

そんな時にロードロメンバーのSDさんから、「105のFDは過去3年ぐらいで2回交換していますよ」とのこと。

どうも、FDの合成が足りないせいなのか、使い込んでくると外側のガイド部分が変形(外側に膨らんで)してしまうことがあるようです。


確かに、かなり前から、「こんなに外側のガイドって曲がってたっけかな?」と気になっていました。

最近はそれがひどくなったようで、クランクにもこするようになって、ペダルを回す毎にこすれて異音の原因にもなってました。

さすがにおかしいと思って少し押し曲げて使っている状態でした。

それでも変速はうまくできないので、思い切ってペンチを使ってかなり外側のガイドをまっすぐにしてみましたが、
それでもダメなんです。

リヤを変速していくと音鳴りもかなりするようになって、もうどうにもならない状態。


ということで、FD購入しました。
DSC_3779.jpg



新旧の比較。
上側が新しいFDです。
かなり修正済みなので、変形ぐわいはほとんどわからないです。
微妙に、ガイドのカーブの感知が違うのですが、1,2mmの差ぐらいじゃないでしょうか。
DSC_3790.jpg


これ、新しいFDに交換しても治らないんじゃないかな?と不安もありましたが、早速交換。

簡単に説明するとこんな感じ。

1、ワイヤーは外したままFDをセット
 (アウターのギヤとFDの外側のガイドの平らな部分がまっすぐになるように取り付け)

2、ワイヤーを取り付け

3、ワイヤーのテンションを調整。(ハンドル側のくるくる回せるやつ)

4、インナーLOWで内側を調整

5、アウターHIで外側を調整。



参考にしたのは下記かな。 いろいろ参考にしましたが・・・。
Service Instruction - シマノ

シマノ105 フロントディレイラー 調整


新しいせいなのか、サクッと調整も出来て近場で実走での確認!

治ったぞ~~~~!
若干音鳴りはするので、微調整は必要かもしれませんが、このままでも問題なさそう。

しかもギヤチェンが軽い!!!

以前はかなり目一杯押し込んでいましたが、普通に切り替わります。

見た目では新旧の差がわからないぐらいでしたが、交換後の使用感はかなり違いますね!

これでやっと105病から回復できたと思います。


またいつか変形して再発すると思いますが、当面は平気でしょう(= ̄▽ ̄=)V やったね


これで快適に自転車生活を過ごせそうです~~~。

 メンテ

0 Comments

Leave a comment