Welcome to my blog

ロードバイクをこよなく愛するみなさん!いらっしゃいませ。

晴れるといいな~ ロードバイクFrom相模原

19
2015  06:14:03

灼熱のツールド・道志byロードロ

ロードロメンバーのKNKさんが、道志みちで山中湖に行こうぜ!とLINEで呼びかけがありましたので、参加してきました。

前日も、初の椿ラインで芦ノ湖へ!に行ってきたし、今回はロードロメンバーだけなので、かなり厳しいライドになりそうな予感ですねwε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ  

DSC_4046.jpg





第二集合ポイントからの参加になりましたが、10人ぐらいいたんですかねw
数えるのが面倒なんでそんなもんだと思いますw
DSC_4036.jpg


出だしは信号が多い区間で、控えめな速度でしたが、予想はしていましたが、信号がなくなるにつれて速度も上がるんですねって感じ。。。。

今日は珍しく最後尾から付いて行きまして、慣れない位置づけで自分も皆さんも新鮮な感じではなかったでしょうかw



後方は先頭側より疲れるんですよね~~~!
信号でちぎれ、追いついても休む間もなく走り出す。
これの繰り返しなので、信号が多い区間は、先頭側にいた方が体力を温存できますねw


平坦区間はなかなかハイペースで付いて行くのも苦労しましたが、1キロぐらいの登坂ではダンシングで一気に抜け出せました。
他の人より、登坂になるとテンションが上がるのか、無理しちゃうのか、得意分野なのかよくわかりませんが、頑張っちゃいますねw


道志のセブンには、SDさんの引きにくらいついて行きましたが、途中でちぎられ2位で到着。
いや~~~ついていけませんわΣ(; ̄□ ̄A




この時点で相当暑くて、ガリガリ君を購入。
前日合わせて3個目です。




ここからが、ツールド道志のメイン区間なのですが、ここまでの区間でも頑張っちゃったので、どんなペース配分で走ろうか迷いながらもスタート!C= C= C= C=(o>ロ)o

とその時に、マイヨ・グランペール
20150718aa.jpg
を着た、ローディーが走っていきました。

マイヨ・グランペールを着ているということが、山岳が得意なのか、好きなのか、水玉が好きなのかのどれかでしょうねw

ロードロメンバーともペースが近いようで、メンバーに入り交ざって走っていきました。
まさに!ツールド道志って感じがしてきましたねw

ロードロエースのSDさんは早々に抜け出して一人旅です。

すぐに見えなくなったので、存在すら忘れちゃいそうです。

ロードロの神のKD君は先日のヤビツ峠のガチアタックで、ヤビツフルで総合で4位と力を出し切ったようで、本日は回復走のペースです。

ただ、両国屋の登坂開始部分で一瞬だけスパートしたようで後ろから、ごぼう抜きでした。

あまりにも別次元のスピードだったので、みんなに笑われていましたwww

もう、思わず笑っちゃうっていう感じを通り越して、爆笑レベルの速さですw




自分も登坂の中盤で、マイヨ・グランペールさんを含む前のグループに追いついたので、ダンシングで速度アップ!

腕試しという感じでもあったので、80%のパワーで登りましたが、何とか抜け出すことに成功。
見えなくなるぐらい引き離せましたv( ̄ー ̄)v

マイヨ・グランペールは、標的になってしまうというか、目標となってしまうというか、なんにせよ目立ってしまいますねw

そのままハイペースを維持して道の駅に向かいましたが少し脚を休めているうちに、平坦区間でマイヨ・グランペールさんに追いつかれてしまいました。

多分、相手はがんばって追いついてきたので、疲れているはず!
自分は少し休めたので復活しつつある状態。

今度は後ろに張り付いて、体力温存しようと思ったのですが、想像以上より早いペースだったので、付いて行くのに苦労しちゃいました。

少し長めのUP部分をダンシングを使って前に出ましたが、振り切れない状態。
暑さもあって、疲労してきたのもあって、何度かアタック!するも振り切れず!

最後にアタックされたらついていけなかったと思いますが、お互い疲れていったようで、そのまま道の駅に到着!!!

先行していた、SDさんに送れること1分ぐらいだったのかな?

熱中症になりかけていたのか、手足が若干しびれたよ。。。

速攻でトイレに行って、頭かに向けて蛇口をひねって、クールダウン。

それでも熱いので、靴を脱いで、道の駅の中に流れている小川に入水~~~!∞\(^0^)/▽



最高~~~~~~~~
きもちいい~~~~~~~

DSC_4039.jpg


後から到着した、ロードロメンバーの入浴シーン!
ノゾイテルゾッ(; ̄ー ̄)...?    [岩蔭|]-~)ウフフ


冷たい川の水で、体もクールダウンできて助かりましたねw




ここで、長めの休憩の後は、約8キロの山伏峠!
体力消耗しているので、ゆっくりペースで登っていきます。

カズさん、SDさんにはお先に行ってもらい、他のメンバーと一緒に登っていきます。

後ろには、先日のそでがうらサマーサイクルロードフェスタの中上級者で5位に入ったSKさんと、ドコデモさんが付いてきます。
二人ともスプリンタータイプなので、最後にアタックされるのが想像でします。

ドコデモさんは最後の太鼓が見えたらアタックする様な事も言っていたので、そんな展開になる予定。

余裕を持って登ってきたので、「後半にアタックを仕掛けたらどうなるのかな?」と思いながら走っていたので、試しに仕掛けるふりをしてみました。


ギヤを少し重くしておいて、ダンシングでスパート。(30Mぐらい)
やっぱり!
ドコデモさんが乗っかりました。
自分が速度を落としても、ダンシングで追い抜いて行きました。

「もう少し登りが残ってますよ~~~~w」

すぐにたれたようですが、そのまま2人は置き去りにして先行しました。


最後に少しアタックしましたが、SKさんに一瞬でまくられ、頂上に到着www


そんな事もしながら登ったので、暑さもあってくたびれはしましたが、楽しんでヒルクライムできました。('-'*)アリガト♪



KD君は途中で足がつったのか?熱中症?なのか遅れて登頂。
神でも不調はあるようで、今回はここでDNFとなりました。
DSC_4041.jpg




この登坂でも、かなりの暑さで、皆さん疲労がたまっているようです。
本当に暑かった~~~~~~´´(;´ρ`A)
DSC_4043.jpg




ここからは、山中湖まではダウンヒル!
スピード狂のドコデモさん、SDさん、KNKさんは、高速ストレートのダウンヒルをかっ飛ばして、見えなくなってしまいました。



今回の昼食場所は、富士吉田の道の駅!




富士山カレー+富士山コロッケを食しました。
DSC_4045.jpg




帰路は、山中湖までは微妙な登り基調でしたが、SDさんの絶妙な速度での、引きのおかげで調度いいペースで走れました。
感覚で走っているのか?心拍ベースなのか?パワーベースなのか、分かりませんが、UP/DOWNもある中、見習いたいペース配分でした。


山中湖では、デザートにありつきます。
レストラン ジョイパティオ 山中湖
DSC_4047.jpg






いつもご飯系だけではパワーが戻らず、甘いものが無性に食べたくなるので、調度よかったです。
DSC_4049.jpg






この後は、最後尾からのスタートで山伏峠のダウンヒルで後れを取って、見えないぐらい引き離されました。


先頭集団を追いかけるべく、後方の4名ぐらいで追い上げを図りましたが、50キロぐらい出ている下りで、「パンパンパン」と破裂音が。

振動もきて、自転車もぶれたような感じが。。。。。

やばい!!!!!!
このスピードでバースト?????
思わず、両足のビンディングを外して、落車に備えます!!!1



チューブラーなのでタイヤが外れることはないかな?と思ったのですが・・・・・。

何とか止まれたので、タイヤを確認したところ、異常は見られません。

後ろを走っていた、KGWさんいわく、バイクの排気のの破裂音だったそうです。

その音と、路面の悪い場所を通ったタイミングが同じだったので、パンクと勘違いしたようです。

良かった・・・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

あれがクリンチャーで、本当にバーストだったら、タイヤが外れて大転倒した可能性もあったと思います。
怖ろしぃぃぃ(〃´o`)=3





気を取り直して、そのあともカットビましたが、水汲み場で2位チームのKNKさんSKさんがお出迎え。

少し手前で、SBT君が足をつったようで、調度いい休憩となりました。
DSC_4052.jpg





この後も、下山するにつれて、気温も上がって過酷な猛暑ライドとなりましたが、何とか無事に帰宅となりました。
自分は150キロでしたが、他のメンバーは200キロ弱の方が多かったようで、最後の方はかなり厳しかったようです。



ドコデモさんのブログ
灼熱地獄の道志みちライド! 久々にロードロのメンバーだけでグループライドしたら死にかけた。




自分としては、2日間で300キロ以上の酷暑のライドでしたが、思ったよりは何とか走り切れました。


まぁ、これより過去なのは当分体験しないだろうから、それと比較すると楽なもんです。w

富士スバルライン⇒富士あざみラインの過酷の極み!【後篇】




>ロードロメンバーだけのGライドはドンドンレベルが上がっているので、大変です。
でも楽しかった~~~~~1
ツールド道志最高でした!!!!


 グループライド

0 Comments

Leave a comment