Welcome to my blog

ロードバイクをこよなく愛するみなさん!いらっしゃいませ。

晴れるといいな~ ロードバイクFrom相模原

14
2015  06:50:53

ランナーズニー発症の原因を追及!

ビンディングをSPD⇒SPD-SLに変更に伴い、シューズも新調しました。

関連の記事は下記のような内容ですが、その後400キロ走った段階では、ランナーズニー(別名:ランナー膝、腸脛靱帯炎)を発症していまして、快適なペダリングが全くできない状況です。



痛みにとりつかれた、ポンコツの右膝になってしまいました。
DSC44ki290.jpg


SPD⇒SPD-SLへの変革の序章!

シマノ最上位シューズ! SH-R321購入! カスタムフィット施工編!



まずは、ランナーズニーとは何ぞや?

ランナーズニー(別名:ランナー膝、腸脛靱帯炎)






下死点に向けて踏み込んだ時に、足裏の親指側に隙間がある人は、その隙間が無くなるのと同時に、膝が内側にずれてしまい、、その無駄な動きが膝外の骨に、太ももの外側から、すねの外側にまでつながっている筋がこすれて炎症になってしまうようです。
20150813aaa.jpg




そう言われると思い当たる事が。。。。
普段階段上るときに、右足を持ち上げて踏み込むときに、膝がぶれる?膝が笑う?・・・と思っていました。

膝周りの筋力が弱いんだな…?と思っていましたが、実は筋力が弱いわけではなく、O脚が引き起こしていた様です。




ということで、本当にそうなのかを確認してみました。



下記写真は、仰向けに寝た状態で壁に両足を着いた状態です。

まずは、軽く足裏全体が壁に着くぐらいです。
その後、足裏がべったりと着くように壁に押し付けます。
そうすると、右足の親指の裏が、壁に押し付けられて、右ひざが内側に入ってしまいます。


下記写真は、それを比較するためにGIFアニメに加工したので、クリックして確認してみてください。
右膝だけぶれているのがよくわかると思います。
それに比べ、左膝は全くぶれていませんよね。

1439429551DBL5Pu0kwFnlvMb1439429435.gif




下記、説明と全く同じことが再現していることがわかると思います。
20150813aaaaaaaaa.jpg




今までも、障害が発生するのはすべて右足でした。
ランナーズニーにも2回ぐらいなったし、去年は、ふくらはぎの内側の筋を痛めたし、この前初めてふくらはぎがつったのも右足でした。

とにかく、この無駄な動きが、右足に負荷をかけているようです。


SPDの時にもひざ痛にはなったことがあるのですが、SL化して、シューズも以前よりフィットして、遊びがなくなったせいなのか、以前よりひざ痛が悪化したのかと思われます。

ある程度、素人ながら原因は見えてきたと思うので、どんな対策を打つかが見えてきたような感じですね。



さぁ~~~どうするっかな????(○ ̄ ~  ̄○;)



貧乏父さんは、悩むのだあった・・・・・。o┤*´Д`*├o



 メンテ

2 Comments

ドコデモ  

No title

素人考えで恐縮ですけど、シューズ裏とクリートの間にスペーサー的なものを入れるのはどうでしょうか? そうすれば、足裏の隙間はなくなりませんが、クリートが水平になるので右膝が内転せずにすむと思います。
あとO脚(この場合はX脚だと思いますが)の治療をすることとかですかね。

2015/08/14 (Fri) 09:13 | EDIT | REPLY |   

オキタク  

No title

やっぱり考えることは同じなんですねw
実は、、、次回ブログは、その内容でブログが完成済みなんです。
公開するタイミングを計っているのですが、
フェリーまで走ったときには、対策済みだったのですが、治り切っていない状態で走ったので、効果の判断は様子見です。

思いっ切り走りたいよ~~~( ̄ー ̄;


2015/08/14 (Fri) 11:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment