Welcome to my blog

ロードバイクをこよなく愛するみなさん!いらっしゃいませ。

晴れるといいな~ ロードバイクFrom相模原

29
2015  11:38:52

シマノ最上位シューズ!SH-R321の詳細インプレ!!!

夏休み中に、ニューシューズとしてシマノ SH-R321W
を購入しました。
DSC_4406.jpg


500キロ以上走ったので、インプレを書こうと思います。

ただし、SPD⇒SPD-SLへの変更も伴い、シューズを買い替えたので、シューズのインプレというのもありますがSPD⇒SPD-SLの感想ということになるかもしれません。


購入、カスタムフィットに関しては下記をご覧ください。
シマノ最上位シューズ! SH-R321購入! カスタムフィット施工編!



ちなみに今まで履いていたSPDシューズはこちらです。
これはこれで、自分にはとてもフィットしていたので、満足していたシューズであります。
シマノ SH-RT82

2013084 19089




ということで、
シマノ SH-R321W>のご紹介。




一番の特徴としては、サラウンドラップアッパーですね!
足の甲を包み込むような構造になっています。
意外にやわらかい感じだし、気温が高い日や、脚に熱を持つとさらに柔らかくなるような印象です。 
DSC_4423.jpg



サラウンドラップアッパーをめくるとこんな感じです。
ここの部分もカスタムフィットで熱形成されています。
形成時にしわを伸ばして形成しないと、しわが入ったまま固まってしまうので、注意が必要です。(店長談)
DSC_4408.jpg






見えにくいですが、この部分にはゴムバンドが付いていて、履いた時にアッパーが引っ張られるようになっています。
履くときに若干邪魔になるのですが、慣れてしまえば問題ないです。
20150829aaa.jpg





マジックテープ部分は、以前のシューズより明らかに薄っぺらく、軽量化されていています。
サラウンドラップアッパー同様に温まると柔らかくなるような感じがします。
DSC_4428.jpg





購入前に他のインプレを見たりしたら、比較的甲の高さが低目に作られているようで、マジックテープ部分が若干短いようなことが書いてあったので、心配していましたが、自分の場合は全くそんなことがなく、調度いい感じで5ミリぐらい長いぐらいです。
やせ形体型なので、、その辺の兼ね合いもあると思います。

指の部分に上下に遊びが少しあるので、もう少し厚みを薄かった方がよかったです。
横幅は問題ないのでつま先側を強めにしめ込めば少し解消されるので、許容範囲かな。。。
DSC_4420.jpg




バックルは一般的な物とは逆のような感じで、ベルト部分がアッパーの下に潜り込むよいうな感じです。
ベルトの上からアッパーがかぶさり、しめ込んだ時に甲に当たって痛いんじゃないの???と思っていましたが、そんなことは全くありませんでした。
さすがにちゃんと考えられていますね!
逆にベルトが外側に出ないのですっきりしているし邪魔にならないのでGOODです。

位置も2段階に調整できるようになっていますが、自分は購入したままの前側の位置で使用しています。
DSC_4434.jpg



ラチェットベルトをしめ込んでいくレバーは、黒い方でしめ込んで、白い方で解放です。
しめ込む時に、もう少し細かくしめ込んでいける方がいいと思いました。
最後にもう一段しめ込みたいときに、ラチェットに引っかからず締め付け出来ないことがあります。
ただし、包み込まれるような感じなので、そこまで強くしめ込まなくても問題はないのかもしれませんが。
DSC_4433.jpg





つま先部分は、メッシュ構造で、シューズ内に空気を取り込むエアインテーク構造になっています。
以前のシューズよりかなり空気が入ってくるのがわかります。
下りなどではスースーして気持ちいいですw

DSC_4414.jpg





ソールの指先の部分にも穴が開いていたりもするので、蒸れは解消されますが、冬の寒気でつま先が冷たくなりそうなので、冬場が心配されます。
DSC_4427.jpg




ソールは指先が上がった(反った)ような感じですね。
履いた感じでは、まったく違和感ありません。
DSC_4418.jpg




インソールもカスタムフィットしています。
熱形成する前と比較できないのですが、かかとの部分が包み込むように湾曲しているのはカスタムフィットされたからなのかな?
DSC_4412.jpg




このインソールの特徴だと思いますが、土踏まずがかなり盛り上がっています。
同梱品で、もっと土踏まずを高くするパットも付いてきましたが、自分は通常のパットを使用しています。
偏平足の人はパット無にもできるので、3段階の調整ができるということです。

中間パットでも、かなり盛り上がっていて、初めて履いた時はちょっと痛いぐらいでかなり違和感がありました。
慣れてしまうと逆にその感触が良くて、極端に言うと土踏まずを指圧されているような感じです。
土踏まずの落ち込みがないので、疲労しないということのようですが、そんな気がしないでもないです。
自分としてはフィット感があって気もちいいという感じです。

DSC_4431.jpg




厚さは比較できないですが、問題なく固いような印象はありません。
DSC_4411.jpg





ペダルを回した印象は、SPDより面で踏むというような感じというか、足裏で踏むような感じがします。
そのせいか、踏みつける位置が脚の中心側にずれた感じがします。

SPDの時は親指の付け根付近で踏んでいる感じがしていましたが、もう少し土踏まず寄りで踏んでいるような感触です。


以前は、かかとが下がらないように気を付けるようにしていましたが、あまり気にならないようになりました。
ソールのつま先側が沿っているので、かかとが下がりずらいのかもしれません。

また、、踏み込む時より、蹴りだしたり、引いたりする動作がスムーズに動くような感触もあります。
もう慣れてしまったので、今は感じませんが、くるくる回しやすいような印象を持ちました。




履き心地としては、
ビンディングにセットして、かかと側に引っ張るような感じで、かかと側に足を寄せると、よりフィットします。

かかとが浮いてしまうようなことは全くなく、痛むなるようなことも全くありません。

また、指先側に余裕が出るし、全体に圧迫感が分散されるような感じです。
以前は、右足の小指と薬指の間が痛くなることがあったのですが、このシューズでは痛くなっていません。


靴の中で足がばたつくことも少なくなり、間違いなくフィット感は向上して、効率よく回転できるようになったと思います。




それは軽量化された効果かもしれません。
DSC_4440.jpg






新しいシューズは340グラム!
DSC_4438.jpg




古いシューズは、400グラム!
DSC_4436.jpg



クリート込みで、片足60グラム両足で120グラムの軽量化となっています。



ペダルもアルテに交換したので、そのせいもあると思います。
アルテグラPD-6800 約128グラム!
SPDの両面 PD‐M530 約225グラム!



総合計で、314グラム軽量!!!

回転部分、しかも足に直結する部分での314グラムの軽量は、効果有る事でしょう!!!
軽くなった印象は感じれませんでしたが・・・・。(; ̄ー ̄川




このシューズで500キロぐらい乗りましたが、50キロでひざが痛くなりました。
これはシューズのせいではなく、クリートの位置の問題だと思われます。



シマノ最上位モデルなので、悪いわけがないのですが、この効果で少しでも速くなっていればと願うばかりです。


 パーツ、アクセサリ

2 Comments

トシモス  

詳しい記事ですね!
まさに自転車で走るためのシューズという感じで、かなり良さげですね。
やはりヒルクライムが効果がでてくるのかな?
オキタクさんのせいで、僕もSL化したくなってきましたw

2015/08/31 (Mon) 21:36 | EDIT | REPLY |   

オキタク  

色々書いていますが、違いはわずかな感じですよ!
指先がスース-するのと、踏んでいるポイントが下がる?足裏で踏むのはわかりましたよ!
多分かかとも下がることもなくなったと思います!
歩くのは意外と前のシューズと変わらない印象でした。

2015/09/01 (Tue) 00:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment