Welcome to my blog

ロードバイクをこよなく愛するみなさん!いらっしゃいませ。

晴れるといいな~ ロードバイクFrom相模原

07
2016  11:45:22

ロードバイクの下りでの落車映像列挙!・・・そして考察。

ロードバイク乗っていますか?

何でこんなにも楽しいんでしょうね。

あまりにも楽しくて、危険な乗り物であることを忘れがちじゃないでしょうか。。。



今回は、下りでの落車動画をメインに感想を交えながら紹介したいと思います。


※一般的に公開されている動画を探して掲載しているだけなので、登場している方のスキルが低いとか、ダメだとかいうつもりは全くありません。
だれにでも起こることだと思うし、これを見て少しでも気を付けてくれたり、落車が減れば幸いだと思います。






これ!恥ずかしながら私であります。
20160606aaa.jpg



CCCFの下りからの120Rでフロントスリップして落車。
軽くブレーキを当ててはいましたが、大半の人は普通に通過できているポイントだったので、なんで俺が???と言う感じでした。
ブレーキムラがあるホイールなので、そのせいかもしれません。
ただ前者に離されまいと無理してコーナーに侵入していたことはあります・・・・。
ほんのわずかなスピードの差なのか?スリップするかどうかは紙一重だと認識させられました。
巻き込んでしまった方には、本当に申し訳なく思います。






★40秒付近~
リヤが滑ってジャックナイフ気味になりましたが、自転車放棄したおかげで転んではいませんね。






★13秒付近~
対向車をよけて路肩の落ち葉でスリップしてガードレールに倒れ込んでいます。
もっと速度が出ていたら、ガードレールで体がかなりカットされていたのではないでしょうか…。
恐ろしい・・・・。w( ̄Д ̄;)w








★8分17秒付近~
下ハン持って下りでの信号ストップで、左手でハンドサインを出した瞬間!
多分、右手だけの下ハンブレーキで一瞬強く握ってしまったのだと思われます。
フロントがスリップしているように見えますね。

ロードロでのグループライドでもこういうスチュエーションはありますが、こういう時はハンドサインじゃなくて、「ブレーキ!!!」、「ストップ!!!」など、声出しが必要でしょうね。

声出しに慣れていない人は、瞬時に声が出ないので、無理してハンドサイン出すより、声出し優先を心掛ける必要があると思います。






★17分05秒付近~
ダウンヒルでの左コーナー途中。
転んだ瞬間は写っていませんが、スリップダウンと思われますね。
完全に反対車線に流されて止まっていますので、運悪く対向車が来ていたら大惨事になっていたと思われます。
ダウンヒルはこのリスクが高すぎなんですよね。

レースでのダウンヒルは対向車がいないので、落車してもそのダメージだけで収まりますが、一般道でのダウンヒルは、落車のダメージより、その後の対向車との衝突のダメージが圧倒的に破壊力があると思います。
このリスクを決して忘れてはいけません。







★3分40秒付近~
左コーナーでのスリップダウン。
浮砂でスリップしたのでしょうか?
自分も浮砂でリヤがロックして突っ込みそうになったことがありますし、グループライドの参加者が、40キロぐらいで畑にダイブしたことがありました。

浮砂の事も考慮して走らなければなりませんね。






★10秒付近~
見通しのいいほぼ直線で、歩道の縁石に接触して落車。
遠くを見ていたとのコメントがありますが、わかるような気がします。

後方を気にして振り返ったりするとバランスを崩したりするので、そんな時も注意が必要ですね。

特に先頭を走るような場合は、決して振り返ってはいけないと思います。
バランス崩したら、後方者とハスル事も考えられるし、一瞬速度が落ちるので車間が詰まってしまい危険です。
後方が気になるのは分かりますが、振り返るリスクは高いと思います。








★1分付近~
30キロ強のスピードでダウンヒルしていて、突然ジャックナイフで一回転しているように思われます。

理由は推測できないですが、普段やりられていないことをやろうとするると落車することが多いと思います。

リヤライトをつけようとする、走りながらウインドブレーカーを脱ぐ、走りながら片手で写真を撮る、強風時に走る。
これは実際に落車につながった、つながりそうだった時の事例です。
慣れないこと、無理なことはしないことが重要です。








★4分10付近~
ダウンヒルの右コーナーでの侵入速度超過でブレーキングしたが、最後は路肩に脱輪して落車したようにみえます。
一瞬の判断ミスなのでしょうか。
フルブレーキングすると車体を倒し込めないので、オーバーランしそうになりますよね。
基本通りスローインファーストアウトが重要ですね。






★20秒付近~
これは怖い!
ダウンヒルでの左コーナーでフルブレーキングで、リヤタイヤがロックして、バランスを崩しています。
落車はしていませんが、完全に反対車線に飛び出てしまっていて、直後に対向車も走ってきたので、少しタイミングがずれてたら、あわや正面衝突ですね。

落車しなくても、オーバーランやバランス崩して反対車線に飛び出てしまうと、後は運がいいか悪いか!
大けがにつながる可能性が高いですね。

自分もオバーランはあるし、前走者がオーバーランしているのを見てもいます。
クローズドされていない公道でのダウンヒルは、限界の70%以上では走らないようにした方がいいと思います。

自分は、ロードロのなかではダントツ最下位のミミズ程度のダウンヒラーですが、それはリスク回避で我慢するしかないです。
多分、みんなのダウンヒルには着いていけると思いますが、自分としてはそのリスクを背負い勝負する気が起きませんね。

ロードロダウンヒラーやそれに付いて行くメンバーは、もう少し速度を落とした方がいいと思います。
スリップダウンした経験からすると、本当に紙一重ですよ。。。






最後に・・・・。
これ。。。
自転車がたまたま引っかかったのでよかったですが、普通だったら谷底に落ちていますね。
こいつあほだなw





偉そうな事も書いてしまいましたが、テクニックがあろうが、落車の経験がなかろうが、ダウンヒルでのアタックはリスクがかなり高いということを再認識していただければと思います。


自分はハンドルエンドにミラーを付けています。
ダウンヒル時は、ミラーで確認して車が来ていないときは車線の中央付近を走るようにしています。
後ろから車が来たら、減速して端に避けます。


すれ違う車の風で結構あおられるので、端は走りたくないです。
対向車が来たら減速しますし。

なのでミラーが有効なのは下りの時なんです。


ダウンヒル時は風切り音で後方の車のエンジン音は聞こえないですよね。
自分はミラーのおかげで、かなり気が付いている方だと思います。
振り返ってバランスを崩したり、前方から目線を切るのもリスクがあるので、ミラーを付けるのは結構有効な安全手段だと思いますよ。
視野範囲が狭いので、過信は禁物ですが、お勧めできるアイテムではあります。









とにかく安全に走ることが、長いロードバイク人生では必要と思いますので、十分注意して走りましょうね。
よ(^○^)ろ(^○^)し(^ー^)く(^○^)ぺこm(_ _)m











 自転車

0 Comments

Leave a comment