Welcome to my blog

ロードバイクをこよなく愛するみなさん!いらっしゃいませ。

晴れるといいな~ ロードバイクFrom相模原

03
2016  11:45:25

〔本編〕無事あざみライン?・・・いや!富士あざみラインです!

前編に引き続き、本編であざみラインの苦行をご紹介しまっせw

P_20160717_122839.jpg



昨年あざみに来た時は、スバルラインの後でもあったので、情けなさ全開で足つき+激坂区間は自転車押して登りましたので、今回の目標は、足つきなしで登ることです。


序盤の10%弱の永遠続く直線区間は、極力足を使わず、リラックスモードで登っていきました。
イネキン氏もハンドルに腕を置いてリラックスした姿勢で登っていましたね。
もっと飛ばせる速度ではあったのですが、後半の破壊的な激坂に備えてペースアップしたい気持ちを抑えて走っていきます。
P_20160717_103516.jpg








抑え気味に走っていると言っても、平均勾配10%を3キロなので、それなりに脚に負担はかかってきます。
KTGさんは、1年ぶりにペットとも呼べる小鳥たちに会うことができて、喜んでいましたよヽ(*⌒∇^)ノ
まぁ、去年は5回も登っているので、久々感があったのでしょうw
P_20160717_125835.jpg








喜んでいるのもここまでなんですけどね。
すぐに馬返しが現れます。
唯一の下りとも言っていいのですが、その先からはまた8%ぐらいの登坂が続きますよ。
P_20160717_125211.jpg







やっと1/3にたどり着いただけで、ここからまだまだ先は続きます。
P_20160717_125149.jpg









路幅も広くて、路面もきれいなつづらおり区間になりますが、直線も、コーナーもスケールがでかいというか、富士山ならではの雄大な感じが味わえる区間だと思います。
P_20160717_125429.jpg









この看板と標識が現れてしまったら、激震部分へと突入していきます。
路幅も狭くなり、路面も荒れてきますので心を引き締めましょう。
P_20160717_124916.jpg








勾配も15%以上がどんどん出てきますが、最大の激坂区間は、7キロ過ぎ~8キロ過ぎの1キロぐらい続く、15%~20%の難所です。

30メートルぐらい先行していた、イネキン氏は路幅を最大限に活かしてきれいな蛇行走行をしていましたね。

自分は、もうシッティングでは登れなくなってきました。
バランス感覚が悪いせいか、蛇行走行もうまく行かず、もうダンシングをしなければ登れない状況です。
腰をあげてダンシングに切り替えた瞬間に失速して、よろけてしまいましたので、脚に力を込めてダンシングで登り続けるしかないです。
P_20160717_124202.jpg







速度落としたいけど、止まってしまうのでできない!
タスケテクレー!ヽ(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/



脚を緩めたいけど、落車しそうになるので踏み続けるしかない。
タスケテクレー!ヽ(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/



心拍180!
タスケテクレー!ヽ(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/



腰を下ろしたい!
タスケテクレー!ヽ(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/



蛇行したいけど、転びそうになってしまうのでできない。
タスケテクレー!ヽ(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/



イネキン氏に追いつく予定はなかったのですが、直線的に、ダンシングでガシガシ登っていると追いついちゃったよ(-。-;)
タスケテクレー!ヽ(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/

bloggif_5777738327536.gif








こんな状態が、1キロ続くんですよ。゜゜(>ヘ<)゜ ゜。
やっと勾配が緩くなったと思ったら、10%ぐらいになっていました。
シッティングに切り替えて、脚を休め、心拍を落ち着かせます。。。


まぁ、すぐに15%ぐらいの短めの登坂はいくつも登場するんですけどねw( ̄Д ̄;)w


その後は6%ぐらいのところも出てくるんですが、もう平坦感覚ですよ!
もう下り感覚ですよ!
脚を止めるとしっかり減速するので、間違いなく登っているんですけどね(w_-; ウゥ・・


イネキン氏は足を緩めず、30メートルぐらい置いて行かれましたが、見える範囲には何とかとどまって付いて行きましたよ。


最後にも、15%ぐらいの登坂ができきますが、その区間で、イネキン氏は蛇行走行していたので、比較的直線的に上っている自分は追いつくことができまして、最後の駐車場が見えたところで、最後の力を振り絞って、もがいてのラストスパート。

何とか1メートルぐらい先行したまま、登頂成功!!!!!

ヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪

実際にはヤッホ~イ♪という感じじゃなくて・・・・。
落車しなくてよかった、足つきなしで登れてよかった・・・・。
富士無事あざみラインとう感じでしたよ!!!!

bloggif_5777742f350c6.gif









登頂した直後に、アツアツのお茶をサービスしてくれましたが、脚はがくがく、手はぶるぶるでうまく受け取ることができませんでしたが、湯呑を持っているのも大変だったので、素早く飲み干して腰を下ろします。
P_20160717_115758.jpg







その後は、迷わす販売機に向かって、迷わずコーラを購入
いや!!!
迷いましたよ!!!
300円のコーラだったので(-。-;)
(*^ー◇ゞゴクゴク (*~o~)□プハァ!! (゜ロ゜;)ウッ!! (>O< )カァーッ ( -.-)。ペッ
P_20160717_120048.jpg








少し落ち着いたので、記念写真をパチリと!
P_20160717_121246.jpg








体調不良ながら坂バカKTGさんもやってきましたよ!
そんなに泣くんじゃないよw
(  ̄▽ ̄)ノ”o(*・・*)oヾ( ̄▽ ̄ ) ヨチヨチ

『去年なんでこんなところを5回も登ったんだぁ???』と悩んでいましたo(*^▽^*)oあはっ♪
P_20160717_121258.jpg









いい写真も撮れました!
イネキン氏!かっこいい写真ですね!
ほめたから、またたこ焼きくれ!

(`Θ´)/ レッドカード
P_20160717_123022.jpg









坂バカKTGさん
『ただいま~~~』って感じですね!?
P_20160717_122916.jpg





よくこんなところ登ったよv( ̄ー ̄)v
富士あざみライン20160717_9698









さて、この後は激坂ダウンヒルですが、お二人には先に行ってもらって、自分は超スローペースでのダウンヒルです。
写真も撮りたかったのですが、カーボンホイールへの熱焼けダメージが心配だったし、激坂の下りは怖いんだもんw
P_20160717_124549.jpg






最後のストレートのダウンヒルはブレーキかけなければ80キロ近く出るようですが、自分は70キロ弱でブレーキかけちゃいましたよ(^▽^;)
鹿が横断すると聞いたこともあるし、安全第一です。
ビビっているわけじゃないですよw
P_20160717_130104.jpg










昼食は、すばしり道の駅に戻って焼きカレー!ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ
そんなに安っぽくもなく丼ものやめん類など色々あって普通においしかったです。
P_20160717_132533.jpg









帰路は30キロぐらいは下り基調なので、防寒装備を整える二人。
P_20160717_141404.jpg










自分はウインブレをもってきていなかったので、そのまま走りましたが、そんなに寒くなかったです。
汗冷えしていなければ大丈夫だと思います。

自分はドライメッシュを着ていたので汗でウエアが濡れることはほとんどありません。








基本的に、R246で帰ることになるのですが、今回大発見しましたよ(; ̄ー ̄川
R246って3か所ぐらい自転車通行禁止区間があるんですね!
今まで何度か通ったことあったんですが、そんなことに全く気が付かないで走っていました。
こんな標識があるのですが、木の陰に隠れていたり、交差点を過ぎたところに標識があったり、見つけるのは結構大変です。
皆さんも見落とす事が無いように注意しましょうね。
P_20160717_142909.jpg








下り基調でしたが、巡航速度は比較的抑えたので、そんなに疲労感はなかったです。
名古木のセブンで休憩しましたが、個人的にはヤビツを登ってもいいかなと思っていました。
16:00ぐらいだったので、やめときましたけどね。






今回は、目標であった足つきなしでの登頂に成功しましたが、やっぱりあざみラインは過酷でしたね。
過酷と言うか、過激でしたw
激坂というか過激坂!
過激坂ですよ!!!

でも、いつものように楽しんでライドすることができました。
皆さんもぜひチャレンジしてみてね(o^∇^o)ノ



翌週も坂バカ黄門様のお供として富士山に行くとは、この時点では全く考えていませんでしたが・・・・・。

bloggif_57777354ac23e.gif











 グループライド

0 Comments

Leave a comment