Welcome to my blog

ロードバイクをこよなく愛するみなさん!いらっしゃいませ。

晴れるといいな~ ロードバイクFrom相模原

24
2016  11:30:26

続!【自走】富士山4ルートで5合目を目指すチャレンジライド!

9月11日
【自走】富士山4ルートで5合目を目指すチャレンジライド!


富士山過酷ライドの続きですよ。
何とか無事に最難関のあざみラインをクリアしました。


次の関門はスバルラインになりますので、山中湖に向かうべく、籠坂峠を登っていきます。
籠坂峠を御殿場側から登るのは初めてになりますが、KTGさんいわく、「あざみからしたら、コブですよ!コブ!」だそうです。

下りで通ったときは勾配は緩いものの結構長かった記憶がありますが、”コブ”なんでしょうかね(T▽T)アハハ!

実際に走ってみたら、やっぱり結構長いじゃないかw
P_20160910_104415.jpg







山中湖を通過したのが11時ぐらいだったので、この時点で帰宅は真っ暗な状態になることを想像し始めましたね。


スバルラインに入る前に、本日2回目の食事タイムで、スバルに行く時に定番となっているローソンに寄ります。
地べたに座って遠足のようですが、きっちりとカロリーを補給しておきます。
P_20160910_111755.jpg






KTGさんも似たようなメニューで気持ち悪いぐらい仲良しコンビの雰囲気をかもし出しています。
ナカヨシ♪(p*゜ー゜)乂(゜ー゜*q)コヨシ♪
そういっても、ゆっくりしている暇はないので、食事が終わったら重い腰を上げてスバルラインい向かいます。
P_20160910_111759.jpg







12時ぐらいに、料金所を通過しましたので、登頂するのは14時近くになることでしょう。
そう考えると気が遠くなりますが、今回の行程から見たら、半分も来ていないのでまだ先が見えないというか、今後が想像できない感じでしたね。
P_20160910_120959.jpg






富士ヒル以来の訪問でしたが、ゆっくり登るとなんか別のところを走っているような気さえしましたね。
あの時は、レース場と言うか戦場と言うか、無機質で白黒の世界のような印象でしたが、今回は、マイペースでもあったので、すごく長く感じましたね。
20キロぐらいは登り続けるので、脚が徐々に疲労してくるし、3合目~4合目なんかは、かなり長く感じました。

やはりあざみラインの後だったので、脚のフレッシュ感は全くなかったのもあったと思います。
富士五合目4ルートチャレンジ失敗_7994






中盤でKTGさんは遅れていきましたので、10分ぐらい先に登頂成功。
KTGさんが到着後に写真を撮ってくれましたが、疲れていたのでこんな感じでしたよ。
富士五合目4ルートチャレンジ失敗_8451






KTGさんは、こんな感じでしたけどね(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
本音だと、自分も寝っ転がりたかったですが、バックポケットからスマホだしたりするのも、億劫なぐらい疲れていたので・・・
(*´Д`)ハァハァ
P_20160910_143025.jpg








この日、2つ目の五合目看板ゲットです。v( ̄ー ̄)v
海外からの観光客がかなりいて、写真を撮るのは順番待ちだったのですが、KTGさんがベラベラ英語で会話していたのが驚きでした。
仕事柄、英語が使いこなせるようで、ただの坂バカのネジが飛んでるおっさんかと思っていましたが、今までで一番かっこよかったです。(⌒▽⌒)アハハ!
富士五合目4ルートチャレンジ失敗_5703








五合目で富士山が見えたのは一瞬で、下山途中に自転車止めて撮影しました。
P_20160910_144933.jpg







雲を突き抜けて眼下に雲海が広がるのが、五合目ならではの景色ですね。
この時点で15時近くなっていましたが、約半分の行程はクリアできました。
P_20160910_145606.jpg








ここから、富士山を反時計回りで半周する様な感じで、スカイラインへ向かいますが、その前に3回めの食事タイムです。
さすがにコンビニでの食事が3回目/日になると飽きた!!!┐(-。ー;)┌

この時点で16時過ぎていましたが、ここから富士山の裏側に向けて出発するかと思うと、かなり違和感ありましたね。
P_20160910_161506.jpg








R71の序盤は、登り基調のアップダウンでしたが、後半は下り基調で20キロぐらいだったので体力が厳しくなってきたところで、距離は稼ぐことができました。
太陽がかなり傾いてきて、この後の2本の富士登頂がかなり気がかりで、不安が大きくなってきていました。

下りが終わると、スカイラインの料金所に向けて16キロの登坂が始まります。
富士五合目4ルートチャレンジ失敗_8148








この登りの時点で日没を迎え、後半は真っ暗な状態となりました。
いくら登っても、対向車のヘッドライトは上から光っています。
それはまだ登坂が続くことを意味していますが、あまりにも真っ暗なので、先の状況を推測できるのはヘッドライトしかありませんでした。
VOLT400のフロントライトでしたが、400VのHIビームは真っ暗ダウンヒルに備えて、点滅モードでしのいで登っていきます。



途中で見知らぬ1名のローディと一緒に数キロ走りましたが、1人でこの真っ暗な状態でスカイラインを登るようです。
お疲れな二人はペースが遅いので、途中で先に行ってしまいましたが、あの後登頂したのかは謎ですね。



50キロ休みなく走ってきたので、KTGさんが真っ暗な山中にもかかわらず、休憩を要請。
ほんとに真っ暗な状態で、一人だったら絶対にこんな恐ろしい状況で休憩はとりませんよ。
かなり疲弊していたようで、シューズを脱いで仰向けになって休んでいましたよ。

この状況を見て、この後のスカイラインは断念するしかないことを決まましたよ。 うん!(^^)


なんとか、休憩後20分ほど走ってようやく、スカイラインお料金所へ到着。
この時点で19時過ぎ!


根性出せば登れないわけだはなかったのですが、真っ暗、寒い、遅延の状況からして、ここで4ルート制覇のチャレンジは断念することにしました。
( ̄○ ̄;)ウォー!( ̄∇ ̄; )ゲケーン!( ̄□ ̄;)ガーン゛!

実質2,5ルート制覇と言うところ止まりになりましたが、そもそも出発時間が遅すぎたこと、休憩や写真撮影の時間をとりすぎたことなど、計画が甘かったのです。
P_20160910_190933.jpg





料金所の後は、すぐ近くにある山の駅で小休憩。
お店は閉まっていましたが、補給食としてバックポケットに入れていた、アンパンと自動販売機で購入したコーラで栄養補給。

ここから真っ暗闇で、寒さでぶるぶる車体も震えながらのダウンヒルでしたが、そもそも臆病ダウンヒラーなので、この状態だと徐行ペースで下りましたよ。
ブレーキかけっぱなしなので、熱だれしないように2回ぐらい止まりつつ、、途中でタヌキが路上に死んでいて、激突しそうになったりしながらも何とか下界に降りることができました。



R246にでると明るい車道を走れるので、文明の力を感じつつヘロヘロでケツの痛みに耐えながら、なんとか名古木のセブンまでたどり着きました。
この時点で、22時30分(; ̄ー ̄A
それでも、帰宅の目途がついたのでほっとした気分でしたよ。
P_20160910_222250.jpg





この後は、苦楽を共にしたKTGさんともお別れして、ひたすら自宅へ向けて夜間走行です。

結局、帰宅できたので0時20分ぐらいでした。
( ̄ー ̄*)qq(゜ー゜;)オツカレサマデース


家族はもちろん就寝中でしたので、晩飯?夜食を軽く済ませて、風呂に入って、後は寝るだけです。
この時点で2時ぐらいでしたが、明日は会社でしたので、5時起きで自転車通勤しなければなりません。
3時間寝たら、また自転車で10キロか……(o ̄∇ ̄)o!!






計画した、富士山五合目を4ルートで登ってみるチャレンジ企画は達成できませんでしたが、今年の目標だった富士山1周は達成することができたので、良しとしておきましょう。
予想通り、過酷なライドでしたので、もう当分は実行しない?もう2度とチャレンジしない!と心に誓いましたよ(⌒^⌒)b うん
bloggif_5777714069856.gif










そうそう、次の週にKTGさんからリベンジ計画が出てきましたので、天気が良かったら参加したのですが、天気が悪かったので、仕方なく断念したことを付け加えておきましょう。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

あほだな!おれら!!!!!
20160920asfas.jpg

 グループライド

4 Comments

坂馬鹿KTG  

私が力尽きてしまいました。
ご迷惑をお掛けしました。ごめんなさい。

自分にもとても残念です。
初めての山梨側からのスカイライン料金所までの登りがいつ終わるとも想像する事すら困難な状況の中、自分に負けてしまいました(涙)
練習を重ねて必ず達成したいです。

2016/10/24 (Mon) 22:48 | EDIT | REPLY |   

オキタク  

あの時間からスカイライン登る選択肢は無いですね!
計画が未熟でした(T_T)
一人で行ってたらスバルで帰ってましたよ!
あそこまで行けたのは、間違いなくKTGさんが同行してくれたおかげです!
ありがとうございました<(_ _)>
来年、リベンジしましょうね(^O^)v

2016/10/24 (Mon) 23:03 | EDIT | REPLY |   

s6  

4ルート目の存在を知ってしまったので、また登る気になりました。時間が合えばみんなで挑戦しましょう!

2016/10/25 (Tue) 16:29 | EDIT | REPLY |   

オキタク  

3ルート成功者が同行してくれたら心強いです!
来年こそは頑張り抜けるように覚悟を持って挑みますよ(^_^)ノ!

2016/10/25 (Tue) 17:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment