Welcome to my blog

ロードバイクをこよなく愛するみなさん!いらっしゃいませ。

晴れるといいな~ ロードバイクFrom相模原

29
2017  06:56:00

Zwiftより面白い!サイクルオブスのバーチャルトレーニング!

サイクルオプスのバーチャルトレーニングは面白そうだ。

20170422aadaqw.jpg 




わたくし、昨年エリートのスマートトレーナを購入しまして、たまにZwiftなどでトレーニングもどきをしております。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【特急】エリート QUBO(キューボ) デジタルスマート B+ zwift対応
価格:42766円(税込、送料無料) (2017/4/23時点)






ZWIFTは大勢で走っている気分になれるので楽しくモチベーションを維持できますね。

スマートトレーナーは勾配に合わせて負荷も調整してくれるので、変速もなかなか忙しいですね。

風景もどんどん流れていくので、実走しているような感じで気持ちいですね?


実走しているようで?気持ちいい?
?????

確かに風景は変化していきますが、何処を走っているのか?臨場感は今一じゃないですかね?
あくまでもゲームの中を走っているだけで、外を走っているような実走感はほとんど感じられませんよね。


Youtubeでレースなどを見ながらローラーやっている人は、結構実走感あって、入り込んでしまうと「三本ローラから落車しそうになる」という人もいます。



いいですよね。実走感あるって!

じゃぁこんなのあったらどうですか?

ヤビツ峠とかの動画で実際の勾配に連動して、ローラーの負荷が反応したら、実走に近いですよね。

実は。。。。

見つけちゃったんですよ。

そんなトレーニングアプリを!


↓↓

↓↓↓


サイトも、アプリも英語なんですけどね。(; ̄ー ̄川 アセアセ

まぁ、わたくしにお任せいただければ、サルでもわかるように、説明しちゃいますけどね。
次回以降、詳細は掲載していきますが、今回は概要が分かればいいかなと思います。



どんなもんかと言いますと
スマートトレーナーがあるのが前提ですが、ローラーに合わせて動画が映し出される。
GPS勾配データーに連動して、スマートトレーナーの負荷が変動する。
と言う感じです。

下記動画を見て頂ければイメージできると思います。



短いけど長女に漕がせて撮影した動画v( ̄ー ̄)V これは尾根幹の映像です!




サイクルオブス バーチャルトレーニングのメーカーサイト動画






概要説明動画
数分でVirtualTrainingの主な機能について説明します。
あなたのトレーナーとセンサーからのすべての値を追跡、VirtualTrainingは内部のアウトドアを持参し、あなたがやる気維持に役立つ、より効率的な訓練や楽しみを持つことができます!





BikeRadarのCycleOps Virtual Training紹介動画





ちょっくら、ヤビツ峠で試してみましたが、ストラバとも連携して、ログを上げることもできるので、あたかもヤビツを走ったかの様にログが残りますね。






まだあまり使い込んでいませんが、ファーストインプレッションはこんな感じです。

良いところ
  • 実際の映像を見ながらローラーができる。
  • スピード出すと映像も速くなるので走行感がある。
  • 勾配に合わせて負荷も連動するので実走感が高い。
  • レースなどの仮想トレーニングができる。
  • ツールドフランスのコース?ユイの壁?などいけない場所も仮想走行できる。(未確認)
  • 動画がアップされていなくても、ストリートビューでの代用機能がある。
  • FTP測定もできる。
  • 無料お試し期間が2週間ある。


今一な所
  • サイトもアプリも英語。
  • 動画とルートがずれているルートがある(ヤビツ峠)
  • ストリートビューは10秒ぐらいにしか更新されないので、動画と言うより紙芝居程度。
  • 利用料金が約1000円/月かかる。



感想
ヤビツ峠をテスト走行した感じは、実走にかなり近いし、走っているところが分かるし、この後は勾配がきつくなると思ったら、その通り負荷が上がるし、映像からも残りの距離が想像できるので、最後までモチベーションが維持できた。

約40分かかったが、これなら富士スバルラインなどのルートを選択すれば90分はローラー出来そうだ。
ただ単に辛いだけのローラーが、実走と同じ感覚でトレーニングできる。
ヒルクライムが好きな自分としては、Zwiftより楽しいと思えた。

ヤビツを登った後、10分後にシャワーを浴びてブログを書いている。
こんな快晴な日に何をやっているかと思うけど、こんな便利で楽しくローラー出来る、補助ツールはないのではないかな?




日本語化されていないのは残念だけど、次回以降にインストール方法や基本設定など実際に使えるようにするための基本事項を分かりやすく掲載いたします。

実際使ってみれば、なんとかなるので、皆さんもぜひお試ししてもてはいかがでしょうか?

それでは次回のブログに期待くださいませ。





2017/05/07 下記続編をUPしました。









 トレーニング

0 Comments

Leave a comment