Welcome to my blog

ロードバイクをこよなく愛するみなさん!いらっしゃいませ。

晴れるといいな~ ロードバイクFrom相模原

01
2017  11:55:00

Zwiftより面白い!サイクルオプスのバーチャルトレーニング(インストール→登録→基本設定)

前回ご紹介した、バーチャルトレーニングの続編です。


今回は、サイクルオプスのバーチャルトレーニングのインストール→登録方法→基本設定を説明します。

20170423o.jpg 




◆目次◆

①準備するもの
②ダウンロードインストール
③アカウント登録方法
④基本設定方法





それではさっそく説明していきましょう。




①準備するもの
基本的にzwiftができる環境でしたらそのまま移行できます。


ローラー
スマートトレーナーがおすすめです。
スマートトレーナーだと勾配に合わせて負荷が変化しますので臨場感があります。
 




ANT+ドングル
わたくしzwift開始時にこれを購入して使っていますが、バーチャルトレーニングでも問題なく使用できました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【即日発送】GARMIN互換 USB ANT+スティック Zwift利用可
価格:2100円(税込、送料別) (2017/4/23時点)




他はパソコン、自転車はもちろん必要ですよ。





②ダウンロードインストール

ますは、サイクルオブスのバーチャルトレーニングサイトにアクセスします。


上部の「DOWNLOAD」もしくは、下部の「TRY for Free」をクリック。
20170423a.jpg 




今回は、PCにインストールするので、「DESKTOP」の「Download for PC」をクリック。
20170423b 

DESKTOP 





ダウンロードしたファイルを実行。
一般的なプログラムのインストールと同様に画面に沿って進めていきます。


「NEXT」をクリック。
20170423c 




許諾にチェックを付けて「NEXT」をクリック
20170423d 



そのまま「NEXT」をクリック
20170423e.jpg 


そのまま「NEXT」をクリック
20170423f.jpg 


そのまま「Instal」をクリック
20170423g.jpg 


「Close」をクリック
20170423h.jpg 


「Finish」をクリック
これでインストールは完了。
20170423j.jpg 







③アカウントの登録方法

今回は、Twitterでの登録方法を選択。
(多分どれも大差ないと思います)

「LOGIN WITH TWITTER」をクリック
20170423k.jpg 



アカウント名とパスワードを入力して、「連携アプリの認証」をクリック
20170423l.jpg 






初めにプロファイルの情報入力画面が出てきます。
通常は英語ですが、今回は説明用として翻訳した画像を使っています。

下記画像を参考に、必要事項を入力ください。
20170423an 


これでアプリが立ち上がったと思います。






④基本設定方法

まずは、スマートトレーナーを 登録します。

まずは、事前にスマートトレーナーの電源を入れて起動している状態にしておいてください。

「Connect Trainer」をクリック  ※通常のローラーの場合は手動で選択していくようです。
20170423p 




ELITE QUBO DIGITAL SMART B+が検出されましたので、「SELECT」をクリック。
20170423q.jpg 


画面最下部に選択したスマートトレーナーが表示され、機能として認識され表示されていると思います。(青枠部分)

自分の場合、心拍計(Mio fuse)が認識されていなかったので、♡マークに斜線が入って無効になっていました。
そんな時は、右下の「EDIT BIKE」をクリックします。(赤矢印赤丸部分)
20170423r.jpg 





新しく開いたウインドウの下の方にある、「+New Sensons」をクリック。
 クリック前に心拍計を有効にしておいてください。
20170423s 




心拍計が認識されていますので、「SELECT」をクリックしてから、下部の「Close」をクリック。
20170423t 



これで心拍計も認識されました。  (下部赤丸部分)
20170423u.jpg 






まず確認したい項目は「SETTING」をクリックしてみましょう。
代表的な項目のみですが紹介しておきます。
20170423t





上部にある「ACCOUNT」ではアバターの写真の選択や、基本的なプロフィールなどが設定できます。
20170430a.jpg 






ストラバなどでログを管理している方は、「CLOUD」をクリックしてストラバとの連携をしておくと便利です。
20170430bb.jpg 






バーチャルライドとしてですが、実際にそのルートを走ったかのようにログが上がります。
 




これで最低限の基本的な設定は出来ました。
英語ですが、簡単だったでしょw

アプリも細かな部分はまだわからないところもありますが、次回はルート検索方法やトレーニング方法など使い方を案内しようと思います。




前回の記事



 トレーニング

0 Comments

Leave a comment