Welcome to my blog

ロードバイクをこよなく愛するみなさん!いらっしゃいませ。

晴れるといいな~ ロードバイクFrom相模原

29
2017  06:50:00

第14回Mt.富士ヒルクライム!70分切りを目指した49歳!オキタクの戦い~!

2017年6月11日(日)

今回は、富士ヒル出場の本編になりますよ。

3か月前から本格的な準備に取り組み、前夜は「ブィーブィーブィー」の寝不足大失態などもありましたが、いよいよスタートになりますよ。

20170611zzaaas.jpg 







今年の目標は、70分切り!
これはかなり厳しい目標です。
昨年より3分以上短縮する必要があり、今年の試走より10分以上短縮させる必要があります。
が( ̄□ ̄)ん( ̄ー ̄)ば( ̄△ ̄)れ(。 ̄O ̄)♪
P_20170610_093604.jpg 







ロードロ栃木支部長のあき君と、会場へ向かいましたが、薬物をいただきました。
高価ものを摂取させて頂き、これで薬中仲間ですね。
ありがとう♪(#^ー゜)v
P_20170611_050535.jpg 







まずは、第4ウエーブで位置取りです。
ここからスタート位置までは徒歩で移動するし、スタート後、計測開始位置までは1キロぐらいパレード走行なので、前方に位置をとるのは可能なのですが、初めから良い場所を確保しておきましょう。
P_20170611_053607.jpg 






ゲリラ豪雨のリーダー(ゲリーダー)も同じウエーブでした。
P_20170611_060150.jpg 






会社のメンバーとも遭遇し、お互いの健闘をたたえ合います。
P_20170611_060702.jpg 









雑兵さんの顔見知りの方に、ごあいさつしつつスタートを待ちます。
P_20170611_061652.jpg 







スタートを待つゲリーダー!
P_20170611_070629.jpg 







今回は、起床後にVAAMを飲んで、ボトルの中にはスーパーVAAMとクエン酸BCAAを半分の水に入れて、濃いスペシャルドリンクで挑みますよ。
レース中に飲みましたが、濃すぎ(すっぱすぎ)てちょっと失敗でしたが。
P_20170610_094431.jpg 






スタート直前に、Amino VITALを飲んで最後のエネルギーを補給です。
P_20170611_063608.jpg 







第4ウエーブは70分を目標にしている集団です。
前回は、90分目標の集団にいたので、ペースが合う人がほとんどいなくて、どんどん抜いて抜いてほとんど単独走でしたが、今年はそうはならないでしょう。

最近調子がいい、あき君と一緒にスタートし、少し前にはゲリーダーもいる!
ロードロ軍曹チルドレンのあき君は、軍曹から「頑張ってオキタクさんに勝って下さいね〜(^_^)」と命令がwww


わたくしは、寝不足なんですw
いやいや!
負けませんよ!
私だって伊達に歳とっているわけではないですからね。。。
関係ないな。

体脂肪を10%に落とし、富士山5本登って、ビール5本飲んで、準備万端なのですからw





そろそろスタート!
太もも叩いて、手を組んで精神統一していざスタート。
テンション上げていきまっせ。

計測地点までに、少し位置を上げてゲリーダーが目視できるところに位置付けて、計測開始地点通過!
ダッシュ!-=≡ヘ(* - -)ノ 
P_20170611_071815.jpg 








わたくし、パワーメータありませんので、心拍基準で走りますが、心拍計誤動作で1合目ぐらいまでは、130前後を表示。(あきらかに誤動作)

時々誤動作するのですがそのうち復旧するので、それを待ちましたが正常になったのは1合目。。。

早めに今日の体調を把握したかったのですが、よく分からないまま周りのペースに合わせて走るような感じ。

復帰した時の心拍は170強だったので、180以上をキープのもくろみからすると、今一な状況。

ここら辺まではあき君と前後しながら協調しているような感じ。
かなり右側を走行して、ある程度は抜いてきたし、目標タイムをほぼキープしている。



ゲリーダーも視界に入っている状況だったので、まずはゲリーダーをキャッチして後ろに付きましたよ。

平坦が強いゲリーダーが勾配が緩いところは前に出てくれて、轢いてくれたので助かりました。


が。。。。。



ガシャガシャガシャ!!!
アウターローからインナーに変速した時点で、チェーン落ち!

ここで強く踏まないで、噛み込む前に止まりましたよ。
手を上げ、路肩によって、「メカトラです」と言って停車。
(・_・ヾペペーン マイッタネー


ゲリーダーが一瞬脚を緩めたのが分かりましたが。
ペースみだしてしまってすみません。


強く噛み込んでいなかったので、なんとか30秒ぐらいでうまく修正できましたよ。
ここは、自分でメンテもこなしているので、その効果もあり手際よくさばけました。



気を取り直して、再スタートしましたが、心拍計誤動作、チェーン落ちのトラブル続きで、うまくペースに乗れません。

わたくし寝不足なせいなのか、心拍も上がりきらず、170強で巡航。
170ならロードロライドでも、余裕で出る値なので、体調は今一なのか。。。

4月のヤビツアタックの時は心拍数185位で走り続けられたのに。。

そんなもやもやした序盤の展開でしたね。
20170611zzdasaas.jpg 






2合目ぐらいからは、10人ぐらいの集団に乗っかり巡航。
後方についていたのですが、気が付いたら途中で中切れして、2,30メートルぐらい前方集団と離れている状況。

単独でブリッジして脚を使ってしまうのを懸念しましたが、遅い集団をぴっぱるより、速い集団に着いた方が絶対のお得なので、ちょっと無理をしてブリッジかけて、1キロぐらいかけて追いつきましたよ。




試走よりハイペースなので、3合目には気が付いたら到着していたという感じでしたが、70分基準より・・・・・30秒ぐらい遅れてる。ε=ヾ(;◎_◎)ノ 

徐々に遅れてきているのは認識していたのでけど、集団から抜け出すリスクは侵さなかったので、
集団自体垂れてきているのかもしれない。

また、集団にいるせいもあって、なかなかダンシングが使えないと思い始めましたよ。



単独で頑張り続けた昨年。
集団から抜け出すリスクを避けている今回。
集団にいた方がペースが速いかもしれない。
集団を見切って、単独で勝負かけた方が速いかもしれない。

難しい選択だが、3合目以降はダンシングも使い集団の前側に位置付けて、集団のペースを上げようと思いはじめる。

もし、脚を使ってペースダウンしても、集団をコントロールしていれば、集団に戻れば脚を休められるだろう。。。。

少し集団が活性化し、自然とローテーションのような動きになる。



四合目までやってきた。
ここからGOALまで20分弱になるので、温存していてもしょうがない。

もう集団は関係ない!
自分のもてる実力を出し切るのみ!

ダンシングで一気に加速!

山岳スプリット区間は、サドルの先っちょに座って、違う筋肉を使ってパワーをかけて走る。

ほとんどサドルには体重がかかっていない状況で、ダンシングも織り交ぜて進む。

一気に集団はばらけている様子で、付いてきているのは3名ぐらい。
前に走っている人もペースが速い人はほぼいないように感じる。



さぁ~~~!
平坦区間がやってきた。

この勾配の変わり目は決して見逃してはいけない。

速い人がいればすぐに張り付かなかなければ、一気に差が開いてしまう。


いないいない!
速い人はいない!


瞬間的に判断して、ここから一気に加速する。
俺についてこいと言う合図にもなると思ったので
「おりゃ~~」
「うおぉ~~」

おたけびをあげるわたくし。

アドレナリンを出すために、自分を奮い立たせるために、叫ぶ!叫ぶ!!!



反応したのは、1人だけ!
わたくし主導で2人で回して進む!

追い風でもあり、サイコンは47キロ前後を表示。
(最高速は48.2キロ)

結果的にはアシストした感じで、最後は離されたが、少し前に出てくれただけでも助かった。





トンネル抜けて、GOAL手前の7%の登坂へ突入。
この時点で、70分切れないのは確定していた。Σ(T▽T;) 
20170611zzasaas.jpg 





もうここは、根性でしかない。

シッティング、ダンシング、前乗り、無酸素状態に近い状態で回し続けるしかない。

周りも必至で、なかなか差が詰まらないが、とにかく出し切るのみ。

と、、、思っていたら、ゴールラインが突然現れる。。。

試走の時は、一番上まで走り切っていたのですが、それより30メートル手前がゴールラインなのか。

強風のためGOALゲートが設営できなかった?のか。。。

慌ててガッツポーズをとり、ゴール!!!!
(((((((((((o_ _)o 




サイコンでは、71分46秒!!!

終わった。。。



富士ヒルで厄介なのは、息が上がり切った状態での空気の薄さ。

昨年同様過呼吸寸前。
これが、5分ぐらい続く。。。
こんな息つかいの人は、周りにいないけど仕方ない。

激しい息つかいのまま、荷物置き場に降りていくのですが、「気持ち悪い」「吐きそう」、だったので、駐車場のガードレールの方に退避しましたが、何とかセーフ。


やってきたゲリーダーにお願いして写真を撮ってもらいましたが、しばらくは仰向けにもなれない状態でしたね。
恥ずかしい。
(//∇//(//∇//(//∇//) 

P_20170611_084318.jpg 










なんとか持ち直したら、borikoさんが立ちすくんでいました。
目標だったシルバーにほんの僅か足りず、肩を落としていましたね。

ブログに記載有る事しか知りませんが、かなり努力してきたようでしたので、お気持ちは察します。
ぽつりと「ちょっと涙が出そう」と漏らした言葉が印象的でしたね。
でも、そんな姿もかっこよく見えましたよ!
P_20170611_084927.jpg 






ロードロメンバーもどんどんGOALしてきます。
一緒に頑張ったメンバーとは自然と仲間意識が高まりますね。
P_20170611_085948.jpg 







奇跡的に復活したと言っても過言ではない、KTGさんも90分以内でGOAL出来たようで、すごいですね。
(ノ゜∇゜)ノ⌒☆お見事w
P_20170611_090246.jpg 






序盤で轢いてくれたり、色々写真を撮ってくれたゲリーダー!
ありがとうございました。
※ゲリーダーにお願いして撮って頂きました。
P_20170611_085251.jpg 







富士ヒルを走り終え、プレッシャーから解放され、ほっとした気持ちの中、下山開始。20170611zfzdasaas.jpg 









下山して、ロードロメンバーで写真を撮ろうということで、イベント会場に行きましたが、調度、雑兵のみなさんが集合写真を撮るところでした。

ブロガーの私もここぞとばかり写真を撮りましたよ。
30人ぐらいのメンバーがいらっしゃって、モザイクをかけるの大変でしたよ。

さすがにこれじゃ怒られるなw(・□・;)

P_20170611_104736_censored.jpg 






いい写真じゃないですか!
皆さんいい表情していましたね。

P_20170611_104736.jpg 






雑兵さんの集合写真の後に、ロードロの写真もちゃんと撮りましたよ。
雑兵BASSさんにお願いして撮影していただきました。
v(^_^v)♪BASSさんありがと~♪(v^_^)v


なんか、ロードロにあこがれていたのか?ロードロを気に入ってしまったのか、新人が一番右に映っていますね。(⌒▽⌒)アハハ!

新人らしく、緊張気味ですが、姿勢正しく、指先まで伸び切っていますね。
(ノ´∀`*) 
思いっ切りモザイクかけて、割愛しようかと思いましたが、ちゃんと掲載しておきましたよ。
ヨロシクね♪ヽ(*⌒o⌒)人(⌒-⌒*)v こちらこそっ♪
P_20170611_105001.jpg 







写真撮影の後は、昨年食べれなかった吉田うどんで腹ごしらえ。
P_20170611_110216.jpg 






疲れた後には、おいしいごちそうでした。(無料だしな)
P_20170611_110224.jpg 







今年は、70分以内の目標に対して、残念ではありますが、71分56秒という結果となりました。


自分にとっては今年の富士ヒルは通過点でしかありません。
来年は、50歳で挑む大会となり、カテゴリーは50歳枠に入りますので、一番有利になります。
今年のタイムは50歳カテゴリーでは13位に位置します。

来年70分を切れたとしたら、8位以内の入賞レベルとなります。

46歳から始まったロードバイク人生で、最大の目標でもある、富士ヒル年代別の入賞。

来年は、人生一発勝負をしますよ。


出来るだけ走りこんで、体重管理して、今年より2分速く走れば入賞圏内です。



貧乏でありながら、機材も投入予定です。
中華カーボンサドル、中華カーボンハンドルで余計な部分はカットするつもりです。
バーテープやブラケットカバーは取り外し、タイヤは軽量の決戦用に付け替え様と思います。

ボトルは持った方がいいか?
グローブもはめない方がいいか?



とにかく来年は勝負かけ、絶対に70分を切って、年代別入賞しますよ!

絶対に!


絶対に!!


絶対に!!!


それでは、皆さん、来年も富士ヒルで頑張りましょう!

 イベント/レース

0 Comments

Leave a comment