Welcome to my blog

ロードバイクをこよなく愛するみなさん!いらっしゃいませ。

晴れるといいな~ ロードバイクFrom相模原

21
2017  07:03:00

【序章】自走で富士山一周しながら4つの五合目を制覇するには23時間かかりました。

2017年9月3日

ロードロ内で『富士4』という言葉があります。
元々は『富士3』(フジサン)と言うことだったのですが。。。

何を意味するかと言いますと、富士山にある4つの五合目のルートを走るという企画の事です。
2017092affdyy.jpg 



さらに言いますと、ロードロらしく自走にこだわるということが条件に加わります。

輪行で富士山の麓まで行って、五合目の4ルートを登って輪行で帰ってくるという人は、いるようですが、変態ロードロとしては、自走にこだわりますよ。

さらには、富士山一周しながら。。。とい条件もオプションでもれなく選択できます。
何で???富士山一周しながらかと言うと、走行したログが1周している方が綺麗だからwww

意味わからない人もいると思いますが、理解してくれる人もいますよね?
きっと、、、多分、、、もしかして。。。
Σ(='□'=)

一般的には『富士3Peaks』と言う風に呼ばれているようで、ググってみると色々なブログが出てきますが、4本を自走でとなると、検索しても出てきませんでした。





概要は、だいたいこんな感じになります。

距離:300キロ以上
獲得標高:7000メートル前後
時間:約24時間


ちなみに、

ザ・ピークスと言うイベントをご存知でしょうか?


日本最強!最悪!のライドイベント『The PEAKS』2014年9月、始動!

20kmしか登れない坂バカへの挑戦状!
日本最強!最悪!のライドイベント『The PEAKS』
2014年9月、始動!



過去最強のThe PEAKSラウンド4は、

松姫峠、今川峠(往復)、柳沢峠(往復)、上日川峠(往復)、風張峠(往復)と、よくもここまで網羅してくれた、という9発のヒルクライムを繰り返す、走行距離194km、獲得標高6176mという日本最強のThe PEAKSにして初の6000mup越え、五つ星のステージとなるラウンド4。

とこんな感じ。



ロードロ『富士4』は、ピークスのどの項目も上回る破壊力があります。
どのぐらい苦行なのか想像できましたでしょうか?

ピークスの方が、距離が短い分、密度が濃いのだと思うので、苦行レベルを簡単には比較できませんが、イメージは出来たでしょうか。



ルートラボでも距離が長すぎて、途中までしか作成できませんでした。





この企画にチャレンジするためには、準備と条件が重要となりますね。

★準備
・まずは、富士山五合目ルートを1本は登れるようになりましょう。
・その次は、自走で2本登ってみましょう。
・あざみラインは経験しましょう。
この準備ができれば、挑戦権を得たと言えるでしょう。


★条件
富士山を1日中走り、登り続けることになるので、天候は最重要ポイントです。
下記条件を満たさない場合は、実行しない方がよいでしょう。
・雨が降らないこと。
・風が弱い事。
・気温が高いこと。
・日照時間が長いこと。

この条件を満たす休日となると、年に2、3日しかないと思います。
これが達成することの難しさでもありますね。




わたくしは、昨年チャレンジしましたが、計画の甘さもあり達成することができませんでした。
今年も準備を兼ねて、自走で2本登ったりしましたが、その都度『4本は無理!!!』と身体安全装置が働きかけました。


なぜかは説明できないし、自分でもよくわかんないんですが、やってみたいんです。

来年50歳になるし、本格的な自転車人生は、もう数年しかないでしょう。

やってみるか?

やらないで終わるか?

そう考えると、やらないであきらめる選択肢はないんです。。。

やったとしても、速くはならないと思います。

故障の可能性も高いです。

9月に入ると、五合目は気温が10度を下回るかもしれないので、時期的にはラストチャンスです。

前日までは、実施することは想定していなかったのですが、富士山お天気予報を見てたら、ラストチャンスとして、チャレンジすることにしたんです。

まぁ、晩酌の酒の勢いで決めたんですけどね。


次回は、前半戦を紹介することにしますので、楽しみにお待ちください。
(=´ー`)ノ ヨロシク

 イベント/レース

0 Comments

Leave a comment