Welcome to my blog

ロードバイクをこよなく愛するみなさん!いらっしゃいませ。

晴れるといいな~ ロードバイクFrom相模原

08
2015  12:45:39

FFWD FR6 ファーストインプレッション (約100KM)

前回、FFWDをGETするまでの経緯を掲載しましたので、今回は約100km走った感想を書くことにします。

FFWD F6Rの評価というよりは、カーボンディープホイールの評価ということになるかもしれません。




前回の記事。
FFWD F6R ヤフオクでGETのまでの長い道のりの巻


DSC_3181.jpg

カーボンディープホイールを付けて走ったのが初めてなので、勘違いや誤解があるのかもしれないので、よろしくお願いします。

走ってみたのは、平坦基調で多少UP/DOWNがある程度なので、峠的なところはまだ走っていません。



★メリット★
①やはり重量が軽いので、漕ぎ出し、速度UP時は少しだけ楽なような気がします。
何時ものツール缶に加えて、サドルバックに替えタイヤなどを詰めて取り付けたので、車重が増えていたせいか、圧倒的な違いは感じれませんでした。

登りの途中での速度UPするときの反応はクイックな感覚はあったので、ヤビツ峠などの長い登りでは効果があると思われます。
これは峠を走ったときに感想を書きたいと思います。


②高速巡航が楽ですね。
速くなったというよりは、楽になったという感じです。
40km/hぐらいで走るのが楽に進むという感じで、高速巡航できる継続時間が長くなっていると思います。 


③下りはどんどん進みます。
ちょっと慣れていないところもありますが、漕がなくても怖いぐらいスピードが上がっていきます。
さらに下りで漕ぐと、今までの感覚とは違いどんどんスピードが上がります。
勾配が緩くなって漕がないとスピードが落ちてきそうなところでも、なかなかスピードが落ちないような感じです。


全体として、速くなったか?は、この段階では明確には感じられていませんが、楽になったか?は、楽になりました!と言えますね~~~w

仮に平均速度が1km/h速くなったとしたら、ヤビツ峠(11.5km)だと2分近く違うということになるのですが、この1km/hの差を体感できる自信はないので、僕のインプレとしてはこんなもんかなと思います。

実はもっと違いを体感できるのかなと期待はありましたが、微妙な変化を感じれただけでもよかったかな?と思います。

何にせよ、あまりにもかっこよくなったので(自己評価)、それが最大のメリットです。



★デメリット★
こちらはかなり実感できました。

①ロードノイズ
これはタイヤのせいなんでしょうか?
初め、何かがこすれているのかと思って自転車を止めて確認しましたが特に問題なさそう。。。
シャーシューショー的な音が30km/hぐらいするとかなりします。
デーィープの風切音?ではなさそうで白線の上を走るとかなり治まります。
ディープ履いている人の後ろを走ったときこんな音したっけかな?
かなり違和感あるんですが・・・・。


②風切音
他のノイズであまり気にならないのですが、若干は音がしますね。


③ブレーキ音
ブレーキシューはブラックプリンスを使っています。
アルミよりは音は大きく、ジューという感じでしますが、ブレーキをかけた時だけの音なので気になりはしませんでした。
DSC_3154.jpg


④ブレーキムラ
これはやばいです。
個体差があるのだと思うのですが、かなりムラがあります。
低速でも気になりますが、下りなどで減速する場合などは、車のノッキングのように、体が前後に振られてしまいます。
グン、グン、グンと効くような感じで、下手したら効きが強いところでロックして前方に飛んで行ってしまいそうな勢いです。
アルミでこのレベルの効きムラがあるリムだと、品質問題で交換してもらうと思います。
もともとFFWDは効きムラがあるような意見が多かったのですが、かなりの大きなムラがあります。

ブレーキ面を微粒子コンパウンドで磨いちゃおうかなと思っていますが、少し調べてからにしておこうかな。
これ以上悪化したら、使い物にならんので。

ブレーキの効き自体はそんなに悪い印象はなく、アルミとそんなに変わりません。


⑤振動
10気圧ぐらいで走りましたが、路面が悪いところでは細かくはじかれるような感じです。
高速時はビリビリ振動が伝わってきます。
これはタイヤの性能の影響かもしれませんが、快適とは言えなかったです。


⑥グリップ力
これはタイヤの問題だと思います。
クリンチャではグランプリS4000ⅡでチューブラはコルサCXⅢですが、止まるときなどでは、すぐロックするような感じです。
3回ぐらいロックしましたが、そのうち一回は、サドルから腰を下ろして止まろうとしながらのブレーキングでしたが、かなり長くロックしてしまいました。
S4000の性能がいいのかわかりませんが、S4000ではほとんどロックするようなことはありませんので、タイヤを交換すれば大丈夫なのかなぁ?

もしかしたら、ブレーキのムラの関係でロックしやすいのかもしれません。
どちらにしても、ブレーキングには気を使うことになりそうです。


⑦空気圧低下
これはラッテクス素材のチューブなので、あきらめるしかないですが、12時間で手で押しても明らかに空気圧が違うのがわかりました。
3気圧ぐらいは減っていたと思います。
乗る前に空気入れれば、走りには影響ないのですがクリンチャよりめんどくさいですね。


⑧ホイール交換
さすがに通勤にはFFWDは使えないので、履き替えるのが面倒ですねw。


⑨ブレーキシュー交換
これも、ホイールを履きかえるたびに交換しなければならないので、面倒です。
資金がたまったら、中華カーボンのメカニコ製の1190gのホリールでも購入して、ブレーキシューは交換しなくても済むようにしたいなぁ…と考えています。


⑩荷物
これもクリンチャ用の荷物と、チューブラ用の荷物って、違うのでいちいち入れ替えるのが面倒ですね。
ヤッパリ普段履きようの中華カーボンが必要かな。


⑪ブレーキシュー価格
今使っている、ブラックプリンスは¥5000/台ぐらいなのですが、摩耗がかなり早そうなので、かなりラニングコストがかかりそうです。
LifeLine - Performance ケーブルロードブレーキインサート
これは、¥600/台弱なので10個ぐらいまとめ買いした方がよいのかもしれません。
今後検討したいと思います。


⑫横風の影響
トレーラーなどのあおり風でも瞬間的にハンドルが降られますね。
橋の上などで、風が強い場所も、かなり振られました。
ただし、思っていたよりは影響が少ないと感じましたので、何とか使いこなせそうです。




というような感じで、FFWDに乗ってみて初めて分かったことと、購入前からわかっていたことを記載しました。

まだ100キロしか走っていないので、勘違いなどもあると思いますが、これからも大事に大事に、沢山乗り込んでいきたいと思います。


数としてはデメリットの方が多いのですが、少しでも楽に走れる、速く走れる、楽しく走れるので、メリットの方が大きいです!


速く走るために、色々犠牲にしてもFFWDを購入したので、使いこなせるように頑張っていきたいですね。


DSC_3192.jpg



 パーツ、アクセサリ

2 Comments

ドコデモ  

デメリットのほうがメリットより多くても、見た目がカッコイイと気にならなくなるんですよねww

2015/03/08 (Sun) 18:17 | EDIT | REPLY |   

オキタク  

デメリットは、速く走る為には、我慢ですかね!
路面のいいサーキットなら、デメリットの音や荷物は関係なくなるので、メリットだけが残るので、確実に戦闘能力アップしますね!

眺めているだけで嬉しいので、満足感たっぷりです(^_^)v

2015/03/08 (Sun) 19:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment