Welcome to my blog

ロードバイクをこよなく愛するみなさん!いらっしゃいませ。

晴れるといいな~ ロードバイクFrom相模原

07
2015  21:55:48

筑波8時間耐久レースinスプリング2015 感動の激走の巻

筑波8時間耐久レースinスプリング2015 スタートまでのワクワクドキドキの巻!
の続きです。

いよいよスタートを切りました。
kako-RlCdywU5hEqxxgUK.jpg

安全のため片足はビンディングとはめないで、様子を見ながらスタート。
速度はそんなに出ていないですが、さすがに密集しているので徐々に後退していき、安全な位置を確保。

気が付いたら先頭集団の最後尾を走っていました。
集団の後ろは危険なんだよな…と思いながら一番アウト側で集団から2,3m離れた位置で周回。

30分で交代予定なので、8周ぐらいで交代することになるはず。

3,4周目ぐらいですでに付いて行くのが厳しくなり、集団から貼られたら最後、あっという間にちぎれてしまい、先頭集団から離脱してしまいました。

ここからは単独走になってしまい、今回の中で一番厳しい状態での周回となってしまいました。

ロードロのKNKさんにも先行されてしまい、そのまま交代の時間。

う~~んやっぱり先頭集団に付いて行ける実力はなかったかぁ。。。。。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。

落車せず、2番手のSDさんに無事に交代出来たのはよかった・・・・。

先にピッとしていたKNKさん曰く、何時ものロードログループライドの方がきついんじゃない?と余裕のコメント。
最近サイヤ人に変化しつつあるKNKさんはさすがだなぁ~~と思いながら休憩。

話を聞いていると、集団の中に入ってしまうと結構楽に走れるような・・・。

少しはドラフティングの効果を得ようと集団の最後尾を少し離れて走ったのですが、一番後ろだと風の巻込もあってそんなに効果が得られないとのことの様子。

そかそか!
今度はリスクはあるけど、集団の中に入って走行してみるか。
と心に決めて次回出走に向けて控えます。




3番手のKGYさんも出走に向け準備万端。
kako-c7cLv7Hf8J56P8hf.jpg




さぁ~~SDさんも無事に戻ってきました。
なかなか集団がいなくて、単独走が多かったようですが、AVGは40キロ強出ていたようで、さすがに速いです。
kako-5wlPRS5FwuIiBiyU.jpg


3番手のレース初出場のKGYさんも無事に周回を重ねていきます。

落車に注意しているようで、集団では走っているのですが、ドラフティングの効果が得られない集団の横もしくは集団の先頭を走り続けています。(;^_^A

集団と一緒に単独走www

それでも集団と同じペースで走れるところがすごいです!!!



他のロードロからさんかしているメンバーもピットイン、ピットアウトを繰り返していきます。
kako-MBdyiUuFgRjEklI4.jpg



初出場のTUMさん!
結構余裕のようですw
kako-AuyBVEmpGc2Pz7AO.jpg



自分も2回目の出走になりました。

運よくピットアウトするとすぐ前に大集団発見!!!
ここで追いつかなければ遅れる一方なので、脚を使って合流に成功!!!
今度は早めに集団のなかばに位置どりして40キロ強で巡行!
なんだぁ!!!
この快適さは~(*^-^*)
ストレートは多少足を止めても平気だぁ!(*^-^*)
コーナーの立ち上がりは皆さんかなり加速して、ヘヤピンですらコーナーで脚を止めるのではなく、踏み続けて加速していかなければ離されてしまいそうです。


コーナー立ち上がりでさえ出遅れなければ後はドラフティングで快適に走行できます。

これかぁ~~~!
集団で走る意義は!!!


初回走行時はこんな感覚なかったのでが、集団半ばにいると後ろから押される感覚さえあります。

ただし、その位置をみんなで奪い合っている渦の中で走るので、いい位置にはそう簡単にはとどまれませんね。
1メートルでも前の方とはなれるもんなら、速攻で後ろの方が攻めあがってきます。

ある意味強引にでも隙間に突き刺さってきますので、あまりにも車幅が狭く迫ってきて危険を感じて脚を緩めると徐々に後退していきます。

脚的には少し余裕があるので、集団の前に駆け上がって集団の先頭に位置取りしても、密集加減に気を緩めると交代していくか、外に逃げるしかなくなります。

この駆け引きが順位をあげるひけつなのかぁ?・?・?

前に走っている方のタイヤに直線で並んで、50CMをキープしないとならないです。

外側から駆け上がっていっても、そう簡単にはいい場所をあけてくれません。

外側の風よけがないところを我慢して、隙を見て誰かも後ろに入り込むしかありませんでした。
それがうまくいかない時は、また交代して、様子を見ているしかありませんでした。


それでも集団の中にいると快適にはあ走れるので、そのあとの出番ではとにかく集団を探してもぐりこむようにしてAVGを上げることに心掛けました。

絶対これは必要です。!!!

富士チャレはUP/DOWNがあるし、ソロの方も参加しているので集団もばれけがちでしたが、筑波はもっと集団化する傾向が強いと思いました。

集団にいると楽なので集団も徐々に大きくなって、走っている皆さんも集団の中で温存する傾向もあると思いました。

集団はある意味速い速度で巡航できるのですが、その楽な思いをしていると少し遅いような感じもしてきます。
ただし、単独で抜け出すのは厳しくて先頭を引いてみることもありましたが、先頭ではもたない速度で巡航していることがわかります。


でも、大集団の中には物足りないと思っている方もいるに違いないです。

4回目の出走時にも大集団の中にいたのですが、ストレートでは物足りないので、3番手ぐらいまで上がって一呼吸入れて飛び出してみました。

少し抜け出せたのですが、単独だと速度が落ちてきて吸収されそうな感じ・・・・。
その時、後ろ方ついてきていたのでしょうか?、一人の黄色っぽいジャージの方が「回ししましょうか?」とお誘いが…。
「お願いします!」と言ったら強烈に引いてくらましたが、今度は付いて行くのがやっと・・・・
1周したぐらいで、『ついていけないよ~~』と離脱宣言。


5人ぐらいの比較的高速集団に乗り換えw
結局引いてくれた方も単独ではさすがに無理のようで、自分が加わった集団に吸収。


う~ん、この駆け引きというか協調というかがAVGを稼ぐコツかもw
いかに声をかけるなどして協調できるメンバーを探して、速度アップを図るか。。。
大集団からいかに抜け出せるメンバーを見極め、速度アップを図るか。。。
エンデューロレースは実力だけでは速く走れない。
そんなこともよい勉強になりました。。。"φ(゜□゜*(゜□゜*)φ" メモメモ




レースには、参加できなかったメンバーも往復200KM以上の距離を自走で駆け付けてくれて、”裏筑波8耐”で頑張ってくれました。
kako-4gehcrXhotGWNT5z.jpg


レースよりそっちの方が辛かったんじゃないですかね?

筑波8耐の裏で行われていたもう一つの8耐

帰宅時間の都合で、30分ぐらいしか会場に滞在できなかったのですが、帰宅も20時過ぎになった様で筑波12耐久ライドとなった様です。w
DSC_3583.jpg




KNKさんお戦闘モード!
[広告] VPS




SさんとSDさんのロードロ内の削り合い(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
[広告] VPS


ロードロから参加した3チーム中ではトップでフィニッシュ。

一番平均年齢が高いおっさんチームですが、よくがんばりましたw(^_^)ヾ(^^ )

アンカーを務めてくれた、3名はかなり頑張って走ったのではないかと思います。
大集団の中での走行でしたが、最後の最後にあの速度での巡航は自分には無理でしたねw

DSC_3588-PANO.jpg



パレードランは花火で祝勝!!!
DSC_3595.jpg


アンカーを務めたメンバーも満足そうです。
kako-xkMCPWonFxOjXlGG.jpg


最後は40分近くを各チームラストスパートで速いラップを刻む中、引けを取らずに攻めていただきました。
kako-rZpANmsRTNQKTuJz.jpg


3人チームというカテゴリでは、2位のようです。(8チームしかいなかったようですがw)
全体では65位だっけかな?
正式にはリザルトを待つとしましょう…。




最後にみんなで記念写真を撮って、初参加の筑波8耐は終了となりました(^ー^)お疲れ様でしたぁ~♪
kako-VcR7hZtwoY8AZgI1.jpg


レースは無事に終了!!!
ロードロmemberでは落車もいなく、完走できたのが何よりよかったです。

順位はともかく、無事に終了できたことで、全員いい思い出になったと思います。


さぁ!!!
次は富士チャレですかねwww



準備、参加したメンバー!
応援に来てくれたメンバー!
LINEで応援してくれたメンバー!

皆さんありがとうございました((w(^∇^)w))


 イベント/レース

2 Comments

ドコデモ  

俺もレースの集団走行を体験してみたい...。
富士チャレよりもプロトンでの位置取りや戦略なんかを学ぶにはいいレースなのかもしれませんね。

2015/05/07 (Thu) 23:47 | EDIT | REPLY |   

オキタク  

確かに富士チャレよりも大集団になりますし、登りがないのでばらけないです。
その大集団の中では、常に位置取り争いがおこってて、かなり色々なことを考えながら走っていましたよ。

個人的に昨年の富士チャレでは、平坦部分でちぎられ、登坂部分で追いつくっていう感じでしたが、今度は平坦部分ではドラフティングで何とか付いて行き、登坂で無理をせず脚を休めるのが、結果的には効率的だと思ったので、実践してみたいです。

ラインキープも重要なことも肌で感じることができたので、いろいろ勉強になりました。
リスクはあったと思いますが、いい経験になりましたw

2015/05/08 (Fri) 06:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment